最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在※56 | トップページ | 昼食としての現在※57 »

そして、今年も、風、立ちぬ

ポオル・ヴァレリイ

 毎年、本当に毎年、言ってるな。北海道この時期になると、風の色が変わる。このことをわかっていれば、いいんだ。

 この時期になると、思うよ。また、苦しい半年が始まるんだってね。それが、北海道なんだってね。

 お盆を過ぎると始まる、この半年。しっかり、気持ちをもっていないと、向Tomboこう側に行ってしまいそうな。

 あっという間に風が冷たくなるんだ。この皮膚感覚、北海道にいないと、わからないはずだ。それは、軽井沢ではないんだ。

 だから問題は、、堀辰雄だ。「風立ちぬ/いざ/生きめやも」だ。

 毎年、書いてるけど、原作はヴァレリイなのか。「風が吹いた。生きなければならない」か?

 その伝で。生きていこう、また新しい秋を。苦しみながら、な?

 トンボもそろそろ、赤とんぼになる。本当に哀しいな。この、季節。

« 昼食としての現在※56 | トップページ | 昼食としての現在※57 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そして、今年も、風、立ちぬ:

« 昼食としての現在※56 | トップページ | 昼食としての現在※57 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31