最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« イーストウッド研究⑮ | トップページ | サンデー・イン・ザ・パーク »

本を読む日々2009※31

ダークなミステリ

 誉田哲也の「ヒトリシズカ」を読了。なんとも暗い読後感を残すミステリである。まあ、最近のはやりのようだが。

ヒトリシズカ Book ヒトリシズカ

著者:誉田 哲也
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 5件の殺人事件の影にちらつくひとりの女の影。交番勤務警官や捜査官、元刑事の探偵などさまざまな視点から、その女の正体に迫る連作。その女の名は「シズカ」である。

 どこか精神が壊れてしまったような女なのだが、最終的には驚く結末が待っている。ミステリの常道なのだが、だまし絵のような小説である。ひとつの真実の背後に隠れている何かを見つけ出すことができれば、いつの間にか作家の術中にはまっているのだ。

⇒☆☆☆★

« イーストウッド研究⑮ | トップページ | サンデー・イン・ザ・パーク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009※31:

« イーストウッド研究⑮ | トップページ | サンデー・イン・ザ・パーク »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31