最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« BBオヤジを送る | トップページ | イーストウッド研究⑯ »

DVDを観る2009⑬

パンキーなイングリッシュ・テイストを味わう

 イギリス映画「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」を観る。ガイ・リッチー監督の1998年作品。イギリスの下町でチンピラ達が繰り広げる愚行を、笑いをまぶしながら、スタイリッシュな映像で描く。満喫した。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

<あらすじ=goo映画より>ロンドン・イーストエンドでヤミ商売で小金を稼ぐチンピラ4人組。リーダー格のエディ(ニック・モーラン)、トム(ジェイソン・フレミング)、ベーコン(ジェイソン・ステイサム)は、ポルノ王として町を牛耳るハチェット・ハリー(P・H・モリアーティ)相手にカード賭博で勝負を挑むが、ハリーの用心棒バリーの八百長にひっかかり、50万ポンドの借金をつくってしまう。エディの父親JD(スティング)の酒場を借金のカタに取り上げてしまおうという腹だった。返済期間は1週間。4人はエディの隣のフラットに住む麻薬の売人ドッグとブランクが、ウィンストン(スティーヴ・マッキントッシュ)が上流階級の子弟が営むマリファナ工場を襲う計画を話しているのを偶然盗み聞き、ブツを横どりすることに決める。ギリシャ人のニックから犯行用に骨董品の2丁の散弾銃を買い取る4人だが、実はそれはハリーが必死に探しているお宝だった。バリーに命じてディーン&ゲリーのベンツ兄弟に盗ませたはいいが、手違いでニックから4人にわたったというわけだ。さて、首尾よくドッグたちから横どりは成功し、地元の麻薬王ロリー(ヴァス・ブラックウッド)にブツを渡したはいいが、それはウィンストンがロリーに渡すはずの品物だった。ロリーはエディのフラットを襲うが、部屋にいたのはブツを4人に横どりされたドッグたちだった。さらにそこにハリーに雇われたビッグ・クリス(ヴィニー・ジョーンズ)とその息子も来た。4人がフラットに戻ると、そこは激しい銃撃戦で死体の山。金も麻薬も銃も消えていた。

<能書き>なんてあらすじは複雑そうですが、内容は大したことありません。単なるチンピラの大活躍なんですから。この手の映画「トレインポッティング」や最近では「バンク・ジョブ」など、イギリスの下町のチンピラ連中を描いた映画は何ともパンキッシュなエネルギーにあふれていて、楽しいもんです。やはり「階級」というのがイギリス社会のひとつのキーワードのようで、この映画でも上流階級の子弟がマリファナを栽培したりしていて、階級社会のひずみもまた描かれているような。しかしまあ、難しい見方をする必要もなく、あふれかえる馬鹿馬鹿しさとエネルギーをスクリーンからくみ取ればよろしいのかも。

« BBオヤジを送る | トップページ | イーストウッド研究⑯ »

DVD2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDを観る2009⑬:

« BBオヤジを送る | トップページ | イーストウッド研究⑯ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31