最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« イーストウッド研究⑫ | トップページ | 昼食としての現在※48 »

なぜ犬なんて生物がいるんだ!

哀しくてしょうがないじゃない。

 犬が好きだ。こいつら、何を考えてんだか、人間が大好きで、人間を頼ってくる。「ナイスな奴ら」だと思う。

 でも、そんなに頼られたって、人間にも限界があるからね。でも、こいつらにはわからないよな。だから、犬を捨てちゃいけないんだよ。信じ切っている存在をなぜ、裏切れるのだろう?星守る犬

 村上たかし「星守る犬」。犬好きには、いや、生き物の尊厳をわかっている人には忘れられない作品だと思います。

Book 星守る犬

著者:村上 たかし
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悲しすぎる話ではないんだよ。むしろ、犬の存在を際立たせる話なんです。

 この村上たかし、覚えてますか? 「ナマケモノが知っていた」とかいう四コマ系のマンガを集英社のジャンプ系列に書いていたのでは? 確か、マンガで売れ、京都大学を中退したのでは・・・。

 ・・・。犬を飼いたいです。友達が欲しいですというようなインパクションと同様に。

« イーストウッド研究⑫ | トップページ | 昼食としての現在※48 »

犬・猫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ犬なんて生物がいるんだ!:

« イーストウッド研究⑫ | トップページ | 昼食としての現在※48 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31