最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旅を打つ2009⑮ | トップページ | スクリーン2009⑰ »

本を読む日々2009※25

切なさ。それが恋。

 福島空港の売店で買って、札幌駅に着く前に読了していました。いいですね、金城一紀の「対話篇」。切ない恋の物語が3篇、収められています。

対話篇 (新潮文庫) Book 対話篇 (新潮文庫)

著者:金城 一紀
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 拙いが、拙いが故の恋。その切なさを表現して、なかなかの作品ではないか。「GO!」「レボリューションNo.3」。この作家の作品は好きだが、そう、テクニック的には稚拙だな。そこが魅力なのだ。

« 旅を打つ2009⑮ | トップページ | スクリーン2009⑰ »

読書2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/30628593

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009※25:

« 旅を打つ2009⑮ | トップページ | スクリーン2009⑰ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30