最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在※51 | トップページ | 本を読む日々2009※26 »

本を読む日々2009※7月まとめ

このほか、7月はこんな本を読みました。

①ドゥエイン・スウィアジンスキー「解雇手当」☆☆

解雇手当(ハヤカワ・ミステリ文庫) Book 解雇手当(ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者:ドゥエイン・スウィアジンスキー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<ひとこと>カス。最低ミステリ。マンガじゃねえっつーの

②吉村昭「死顔」☆☆☆☆

死顔 (新潮文庫) Book 死顔 (新潮文庫)

著者:吉村 昭
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<ひとこと>この作家の遺作。最後まで、冷徹なる意識を持って物を書き続けようとするその作家的自意識には感服せざるを得ない

③青沼陽一郎「私が見た21の死刑判決」☆☆☆★

私が見た21の死刑判決 (文春新書) Book 私が見た21の死刑判決 (文春新書)

著者:青沼 陽一郎
販売元:文藝春秋

Amazon.co.jpで詳細を確認する

<ひとこと>オウム関連への考察は注目に値する。力作ではあると思うが、「反裁判員制度」ありきの感も禁じえない


④小谷野敦「私小説のすすめ」☆☆☆★

私小説のすすめ (平凡社新書) Book 私小説のすすめ (平凡社新書)

著者:小谷野 敦
販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

<ひとこと>私小説復権のための一里塚。挑発的に文学の現在を批判する


⑤辛酸なめ子、木原浩勝「大人の怪談」☆★

大人の怪談 (角川oneテーマ21) Book 大人の怪談 (角川oneテーマ21)

著者:木原 浩勝,辛酸 なめ子
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<ひとこと>全然、怖くねえ。二人の話が全然、かみあっていないのでいらつくこと甚だしい

⑥小林よしのり他「日本を貶めた10人の売国政治家」☆★

日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書) Book 日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)

販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<ひとこと>気持ちはわかるが、売国というような「強い言葉」を使うことはある意味、言説の終わりなんだよ

« 昼食としての現在※51 | トップページ | 本を読む日々2009※26 »

読書2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009※7月まとめ:

« 昼食としての現在※51 | トップページ | 本を読む日々2009※26 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31