最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« GP@2009 | トップページ | ドライブ・マイ・カー2009④ »

DVDを観る2009⑪

絶望を与えることは映画としてOKなのかね?

 「ミスト」、DVDで観ました。すべての希望がなくなっていく映画ですね。ある意味、凄い。

ミスト [DVD] DVD ミスト [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/09/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<あらすじ>アメリカのある州の片田舎が舞台。ものすごい暴風が吹いた翌日、住民は買い出しのために地域唯一のスーパーに買い物に行く。しかし、その間に濃い霧がスーパーを覆う。霧の向こうには「何か」がいる。ひとりひとり、正気を失っていく果ての最終決断は?

<のうがき>とにかく、「いやな映画」です。きょうみたいな雨の日に見るには最適ですね。人生への希望? へっ! てなもんです。人間って、追い込まれれば追い込まれるほど、くだらなくなっていく。よくぞリアリズムで描いたもんです。原作はスティーヴン・キングなのですが、私は読んでいません。「グリーンマイル」以降のキングはすべて、ダメだと思うから。だから、これも小説で読んでいたらだめだと思う。このわけのわからない、霧というメタファーでしか、この映画のどうしようもなさは表現しえないのかもしれない。

 とにかく、その日一日、落ち込むぜ。観たくなければ、観ない方が良い。「ダークナイト」のような、暗いエンタティンメントだね。

« GP@2009 | トップページ | ドライブ・マイ・カー2009④ »

DVD2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDを観る2009⑪:

« GP@2009 | トップページ | ドライブ・マイ・カー2009④ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31