最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« うまいものを食う2009③ | トップページ | イーストウッド研究⑨ »

イーストウッド研究⑧

老体に鞭を打つ

 DVDにて「ブラッドワーク」を観る。クリント・イーストウッド(CE)監督・主演である。2002年作。

ブラッド・ワーク 特別版 [DVD] DVD ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 CEの役割は心臓発作を起こしたが、移植手術で九死に一生を得た元FBIプロファイラー。その心臓を提供したのは、殺人事件に巻き込まれた若い女性だった。その女性から、犯人探しを求められたCE。老体に鞭を打ちながら、過去の事件を探っていく。

  心臓移植がアメリカではかなり一般的であることにも驚かされるが。

 「血液」がコネクション(=絆)の暗喩として使われていることは確かだろう。しかし、ここ2002年にきて、CEは確実に「じじい」になっている。無理のきかない身体になっている。この役柄も象徴的だが、肉体の衰えと映画的な深化はパラレルな関係でありうるのか。

« うまいものを食う2009③ | トップページ | イーストウッド研究⑨ »

DVD2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イーストウッド研究⑧:

« うまいものを食う2009③ | トップページ | イーストウッド研究⑨ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31