最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクリーン2009⑧ | トップページ | 犬はともだち »

本を読む日々2009⑰

悪意なき悪行の果てに

  人々の、日常の、何気ない悪行がとんでもない結果を生むという因縁話とでもいうか。貫井徳郎「乱反射」には異様な面白さがある。

乱反射 Book 乱反射

著者:貫井 徳郎
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 散歩の途中、愛犬のフンを片づけない老人、車庫入れがうまくできないOL、潔癖症の植木職人、夜間診療をコンビニ感覚で使う大学生、無気力な医師、街路樹を守る運動をする主婦たち。それぞれの立場が、それぞれの行動を繰り返すうちに、何かが微妙にずれていく。その結果が最悪の事故につながる。怖い。微妙に怖い小説である。

⇒☆☆☆☆

« スクリーン2009⑧ | トップページ | 犬はともだち »

読書2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/29079028

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009⑰:

« スクリーン2009⑧ | トップページ | 犬はともだち »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31