最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む日々2009⑮ | トップページ | 昼食としての現在※32 »

音楽を語る2009②

ザ・ピーナッツと幸福な日本

 アマゾンで買ったザ・ピーナッツのCDをこのところ、たまに聞いている。なかなかよい。高度成長期、日本人がまだ、「明日」を信じていたころの歌声だ。幸福な時代、もはや帰らない時代。「シャボン玉ホリデー」を思い出すよ。

ザ・ピーナッツベストセレクション Music ザ・ピーナッツベストセレクション

アーティスト:ザ・ピーナッツ
販売元:キングレコード
発売日:2007/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 私が持っているCDは写真とは異なりますが、なんと、キング・クリムゾンの「エピタフ」まで歌っているんです。岸部シローが司会しているし。でもまあ、うまいよなあ、歌が。

« 本を読む日々2009⑮ | トップページ | 昼食としての現在※32 »

音楽2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽を語る2009②:

« 本を読む日々2009⑮ | トップページ | 昼食としての現在※32 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30