最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む日々2009⑪ | トップページ | DVDを観る2009⑤ »

本を読む日々2009⑫

物語の破綻

 誉田哲也の長編「ジウⅢ」を読む。「Ⅰ」からの連作シリーズの完結編である。

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫) Book ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)

著者:誉田 哲也
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 このシリーズ、最初は2人の対照的な女性刑事と、2人が追う中国人青年「ジウ」を主人公にした警察小説だったのだが、「Ⅱ」の途中から物語は大きくうねりだした。「Ⅲ」に至っては歌舞伎町がテロ集団に乗っ取られ、内乱のような大騒ぎだ。

 しかし、筆者の世界観が物語のスケールにはまっていないので、どうにも窮屈な「お話」に堕してしまったようだ。ここまで引っ張る必然性は皆無。結末も、どうにも納得いかない、消化不良の思いが残るのだ。残念。

⇒☆☆★

« 本を読む日々2009⑪ | トップページ | DVDを観る2009⑤ »

読書2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009⑫:

« 本を読む日々2009⑪ | トップページ | DVDを観る2009⑤ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31