最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む日々2009⑬ | トップページ | 本を読む日々2009⑭ »

スクリーン2009⑥

後味がいいとはいえないね

 スガイにて、「ダウト」を観る。ニューヨークのカトリック学校を舞台にしたメリル・ストリープVSフィリップ・シーモア・ホフマンの演技合戦の火花が散る。すごいもんだが、後味は決して良くない映画だね。

« 本を読む日々2009⑬ | トップページ | 本を読む日々2009⑭ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーン2009⑥:

« 本を読む日々2009⑬ | トップページ | 本を読む日々2009⑭ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31