最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大昼食問題2008○77 | トップページ | さらば愛しき女よ »

くらしっくん2008①

深夜に聞くと沁みてくる。

 オーストリアのピアニスト、アルフレッド・ブレンデルが奏でるシューベルトの即興曲。評論家の小浜逸郎が何かの本で褒めたたえていたのを読んで購入したのだけども、深夜に聞くと、沁みてきます。じっくりと。

シューベルト:即興曲(全曲) Music シューベルト:即興曲(全曲)

アーティスト:ブレンデル(アルフレッド)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2005/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 私の持っているのはフィリップス盤なんですが、即興曲作品90と同142を収録。シューベルトという個性が織りなすのか、即興曲という性格なのか、それぞれに分裂症的な音楽が夜にはあうのでしょうね。

 なるべく大きな音で聞くのがより沁みるコツのような気がします。

 閑話休題:最近はより良いオーディオセットにも色気が出てきました。これに凝りだすといくらお金があっても足りないようですが。

« 大昼食問題2008○77 | トップページ | さらば愛しき女よ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くらしっくん2008①:

« 大昼食問題2008○77 | トップページ | さらば愛しき女よ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31