最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008◎73 | トップページ | スクリーン2008※32 »

シーズン・オブ・バーズ②

スズメ軍団の来襲

 いつの間にか、真っ白な世界が広がるようになりました。クリスマス直前までは、「今年は雪が遅いのかなあ」なんて思っていたら、とんでもない。帳尻は合うもんです。

 いよいよ、野山にも、餌がなくなってきたのでしょう。このところのわが庭のバードテーブルには、スズメ軍団が飛来します。テーブルの上で、文字通り、おしくらまんじゅうををしながら、餌をあさっています。

Suzume 餌の減りが早いですよ、毎日。それでも、頼りにされているとなると、無碍にもできません。スズメは最初は数羽がバードテーブルから遠い木の枝から様子を見て、だんだん、近づいてくる。そして一気に来るのですが、雪が落ちるなどの音がしても、ぱっと飛び去ってしまいます。そしてまあ、餌台の中に入って食べまくるので、餌がどうしても地上に落ちる。その餌を求めて、地上を歩きまわる集団もいるのです。

 来年春まで、なんとか、面倒みますからね、スズメのみなさん! 恩返しはけっこうですよ。舌を切られたらたまりませんから。いや、切ったのは悪いおばあさんか?

Suzume01_2

« 書評2008◎73 | トップページ | スクリーン2008※32 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーズン・オブ・バーズ②:

« 書評2008◎73 | トップページ | スクリーン2008※32 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30