最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008のNAデイ | トップページ | そしてまた、生きていこう »

スクリーン2008※まとめ

今年のベスト

 今年2008年、劇場で観た映画は33本でした。まだまだですねえ、と反省してます。50本はいかないとな~。1カ月に4本で48本だから無理な数字ではないはずだ。

 さて、この33本のうち、「仁義なき戦い」などリバイバル公開ものが6本。残り27本が新作ロードショーです。このうち、洋画が22本、邦画が5本です。

 これだけの中からベストを選ぶのも傲慢ですが、そのへんはご容赦ください。

 洋画は①ダークナイト②つぐない③シャイン・ア・ライト④バンク・ジョブ⑤アイム・ナット・ゼア⑥アウェイ・フロム・ハー⑦イースタン・プロミス⑧イントゥ・ザ・ワイルド⑨ノー・カントリー⑩その土曜日、7時58分

 邦画は①おくりびと②歩いても歩いても③アフタースクール

 「ダークナイト」は圧倒的だったな。「暗いエンタティンメント」というものが存在することを知りましたね。「おくりびと」はその静謐さにひかれました。

 さて、来る2009年はどのような映画が私を楽しませてくれるのでしょうか?

« 2008のNAデイ | トップページ | そしてまた、生きていこう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

2009年の映画鑑賞、
80本を目標に頑張ることに決めました!
今年もよろしく願い致します。

おう、いわもっちゃん!早起きだなあ!
ところで2008のベストは何ですか?

うーん、
分母がピーク時(年200本超)に比べて、
とっても少ないのですが、
森下裕美原作「大阪ハムレット」ですか…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーン2008※まとめ:

« 2008のNAデイ | トップページ | そしてまた、生きていこう »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31