最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008◎67 | トップページ | 昭和テイスト。 »

大昼食問題2008○75

ナンはなかなかなんだね。

 職場の室長、Aさんと、敬愛する先輩Yさんと、インド料理屋に行く。札幌市中央区北2西3、「タージ・マハール」だ。

 私は、ランチタイムメニューのチキンカレーナンセットをオーダー。辛さは上から2番目の「ベリー・ホット」にする。750円プラス食後のラッシー190円。なかなかのコスト・パフォーマンスか?

Nam 結論として、うまい! たまには、スープカレーではなく、このようなインド料理的なカレーもよろしいかと思いました。

 驚いたのはナンのボリューム感です。それほど大きいものとも思えないのですが、食べきったら満腹でした。使っている小麦粉とか、何か工夫があるのでしょうか。

 ルーもスパイシーで、よろしい。手はベタベタになりましたが、グッドなランチだったのです。でも辛さ的には、もう少しいけるかな。今度は激辛にしてみようかな。

« 書評2008◎67 | トップページ | 昭和テイスト。 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大昼食問題2008○75:

« 書評2008◎67 | トップページ | 昭和テイスト。 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31