最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« DVD観賞録67 | トップページ | 大昼食問題2008○73 »

DVD観賞録68

あまりに恩着せがましい。

 太平洋戦争時、日本軍はインドネシアを占領して軍政を敷いた。敗戦後はオランダからの独立運動に関与した日本軍人もいる。今となっては、あまり知られていない事実となってしまったようだ。

 その史実に光を当てようと試みたのが映画「ムルテガ 17805」だ。

ムルデカ 17805 スペシャル・エディション DVD ムルデカ 17805 スペシャル・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2004/02/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 隠された史実に肉薄する志はよい。だが、あまりに日本軍を美化しすぎていないか。インドネシアの老婆が日本兵の足もとにひざまずき、「神よ」とあがめる冒頭のシーン。これは白色人種に対するアジアのへつらいと同じパターンではないか。真にインドネシアの民衆のことを思っているのではなく、日本に対する免罪符のための映画にすぎないような気がする。インドネシアに対して、恩着せがましいのだ。「独立を手伝ってやったんだぞ」と。そういう気持ちが蔓延した映画に、当該国民は好意を抱くはずもない。

 極悪非道のオランダ兵などは面白く描かれているのだが。もっとクールな目で、事実にアプローチしなければだめだよ。インドネシアには実際に、独立戦争に身を投じた旧日本兵がたくさんいるのだから、もっと取材できたのではないか。残念。

« DVD観賞録67 | トップページ | 大昼食問題2008○73 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD観賞録68:

« DVD観賞録67 | トップページ | 大昼食問題2008○73 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31