最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旅を打つ⑦続編 | トップページ | DVD観賞録65 »

書評2008◎57

ひしひしと迫る自然の脅威。

 神戸空港からの帰途、吉村昭の「羆嵐」をずっと読んでいた。20年以上前に読んだ記憶があるが、中味はすっかり忘れていた。しっかりしろ、オレ!

 しかしまあ、最先端科学の利器であるジェット旅客機の中で、ヒグマの本を読んでいても、その迫力に圧倒されるのだから、吉村昭という作家の技量は大したものだ。もっと評価されていい。

羆嵐 (新潮文庫) Book 羆嵐 (新潮文庫)

著者:吉村 昭
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 旅を打つ⑦続編 | トップページ | DVD観賞録65 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評2008◎57:

« 旅を打つ⑦続編 | トップページ | DVD観賞録65 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31