最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008◎63 | トップページ | ロックンロール2008① »

大昼食問題2008○72

当たり前すぎて・・・。

 敬愛する職場のY先輩と食事に出る。最近、地下街オーロラタウンにできたばかりの蕎麦屋に向かったが、満員。方向転換して、丸井百貨店の9階のレストラン街へ。

 そば・うどんの「家族亭」に入る。「納豆そば」をオーダー。800円なり。

 5分も経たないうちに出て来ました。

Kazokutei 卵の黄身も納豆も何もかもぐちゃぐちゃにかきまぜて、食す。わさびが鼻に心地よい。

 まあ、何というか平均点。当り前の味です。感動がない。本当の平均点です。

 こういう店が一番困るな。何もコメントすることがなくて。「そうですか」で終わってしまうのですから。悪いところがなくて、批判されるというのもお店にとっては酷ですがね。

 個性に欠けるという言葉は、この店のためにあるようだ。

« 書評2008◎63 | トップページ | ロックンロール2008① »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大昼食問題2008○72:

« 書評2008◎63 | トップページ | ロックンロール2008① »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31