最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大昼食問題2008○67 | トップページ | 大昼食問題2008○68 »

書評2008◎49

大正モダニズム横溢。

 岩波文庫から出た「江戸川乱歩短編集」を通読した。デビュー作「二銭銅貨」や「屋根裏の散歩者」「D坂の殺人事件」「挿絵と旅する男」など短編12編を収めている。

Book 江戸川乱歩短篇集 (岩波文庫 緑 181-1)

著者:江戸川 乱歩
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 大昼食問題2008○67 | トップページ | 大昼食問題2008○68 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評2008◎49:

« 大昼食問題2008○67 | トップページ | 大昼食問題2008○68 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31