最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旅を打つ⑥ | トップページ | 書評2008◎52 »

飽食の日々2008⑥

おいしいイタリアン。

 無事に旅打ちから戻ってきました。やっぱり、家が一番です。さて、晩飯をどうするか。かみさんは作りたくないなどというもので、円山にあるイタリア料理店にいくことになりました。

 札幌市中央区南6西24「nano mano」です。以前から何度か、行こうとしたのですが、雑誌などでも紹介され大人気で、予約が入れられなかったのです。本日は、スムーズに予約が取れました。

 生ハム、うまい! こってりとしていて、それでありながらフレッシュな脂身を堪能しました。

Namahamu Wine Piza Tai ワインは「レ・マルスーレ カルヴィネ・ソヴィヨン2005」。やはりイタリア料理のときはイタリア・ワインで。

 絶品はパスタ類です。自家製パスタなのですが、これだけの味はなかなか、楽しめません。ピザの食感は独特。さっくりしながらも、もちもちとした感じは日本人好みにアレンジしているのでしょうね。

 このほか、タイの香草焼きなど、一品料理の完成度も高い。いつでも満員なのもうなづけます。

 ビストロのフランス料理と違い、本当に気軽にイタリアンが楽しめ、なおかつおいしいお店です。満足度100%ですね。

« 旅を打つ⑥ | トップページ | 書評2008◎52 »

酒と美食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飽食の日々2008⑥:

« 旅を打つ⑥ | トップページ | 書評2008◎52 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31