最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008◎40 | トップページ | ビートルズ2008⑤ »

僕が死ぬ時①

涙を流してくれ。

 いつのことかな。それは、わからないんだけどさ、ひとつだけ、かみさんに言っているのは、坊さんなど呼ばずに、ボブ・ディランの曲を流し続けてほしいということだけなんだ。

 その曲はもちろん、「ロウランドの悲しい目をした乙女」。ぼくにとっての最終的な愛の歌なんだよ。

 そして、歌が流れる中で、誰かひとりが涙の一粒でも流してくれたら、ぼくの一生は幸せなかたちで完結するだろう。死んでるから、わからないだろうけどね。

ブロンド・オン・ブロンド Music ブロンド・オン・ブロンド

アーティスト:ボブ・ディラン
販売元:Sony Music Direct
発売日:2005/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 このアルバムの最後に入っている曲です。この曲の、この世ではないような凄惨なメロディが好きです。歌詞にはほとんど意味がありません。だから、ディランはすごいんです。意味を求めるってもっとも原始的なんだ。意味なんて、ないんだ。本当に。

« 書評2008◎40 | トップページ | ビートルズ2008⑤ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕が死ぬ時①:

« 書評2008◎40 | トップページ | ビートルズ2008⑤ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30