最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008◎43 | トップページ | 書評2008◎45 »

書評2008◎44

その世界に入り込まないことには

 

西澤保彦の「麦酒の家の冒険」を函館への行き帰りの列車内で読了。パズル・ミステリとやらに分類されるらしいが、期待したほどではなかった。

麦酒の家の冒険 (講談社文庫) Book 麦酒の家の冒険 (講談社文庫)

著者:西澤 保彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 書評2008◎43 | トップページ | 書評2008◎45 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評2008◎44:

« 書評2008◎43 | トップページ | 書評2008◎45 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31