最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008◎45 | トップページ | 大昼食問題2008○65 »

スクリーン2008※22

ロシア・マフィアのクールな迫力

 スガイにて「イースタン・プロミス - goo 映画
」を観る。ロンドンに巣食うロシア・マフィアの生態をねちっこい画面で描くが、デイビッド・クローネンバーグ監督の映画文法は極めてクールだ。イースタン・プロミス 劇中の殺しは、ほとんど刃物でなされる。その痛みの感覚がこちらにも伝わり、ひりひりする。サウナ風呂での全裸格闘シーンは、語り継がれるべき名場面だ。

« 書評2008◎45 | トップページ | 大昼食問題2008○65 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーン2008※22:

« 書評2008◎45 | トップページ | 大昼食問題2008○65 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31