最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 情報整理法 | トップページ | 大昼食問題〇55 »

スクリーン2008⑰

貧乏性なひと。

 この数週間、三谷幸喜と佐藤浩市くんのテレビ露出は著しかった。映画ザ・マジックアワー - goo 映画のパブリシティーのためである。まあ、表現者として、作ったものをなるべく多くの人に見てもらいたいと思うのは、当然のことである。だから、まあ、良しとしよう。

 そして、狸小路の東宝プラザに見に行ったのだ。「ザ・マジックアワー」。う~む。何と言ってよいのか・・・。三谷という人は貧乏性なんだなあ。エピソード盛り込みすぎ。すべてを使おうとしてアップアップしてしまった感じ。削り込むことこそが映画ではないのかなあ。佐藤浩市が頑張っている分だけ、三谷演出がかったるいのだ。132分の上映時間だが、確実にあと30分は短くできるはずだ。

深津絵里、ゴージャス感や色気ゼロ。ミスキャストだな。

 三谷幸喜、まず自分で自分のギャグに笑ってしまう人なのだということがよくわかった。ナルシストなんだな。その割に、繰り返しになるが貧乏性。

 と、いうわけで☆☆★。もう少し削り込んだ別ヴァージョンを作ればいいのに。

« 情報整理法 | トップページ | 大昼食問題〇55 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーン2008⑰:

« 情報整理法 | トップページ | 大昼食問題〇55 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30