最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクリーン2008⑭ | トップページ | スクリーン2008⑮ »

大昼食問題2008○51

好みがあるね。

 米風亭」をご存じか? 札幌市中央区南3西1、和田ビル1階にあるビアホールだ。開店20年ぐらい経っているのだろうな。

 ここにランチタイム限定メニューの「油そば」があると聞き、行ってみた。700円だ。大盛りは850円。スープ餃子とのセットが950円とあったが、まずは単品のふつう盛りでいってみた。

Aburasoba  要するに、スープのないラーメンです。麺は中太。愚はウズラの卵に細切りチャーシュー、ネギ、のり。これに油と好みでラー油をかけ、よくかき混ぜながら食べる。

 最初は「なかなかよろしい!」と思ったのです。冷やし中華よりも食感がいい。モチモチとした麺がおいしいのです。

 しかし、途中で飽きてきます。それが「油」の限界なのですね。大盛りを頼まなくて正解でした。どうしても、くどさを覚えてしまいます。

 だから、ラーメンのスープは偉大なのだと再認識させられました。麺に飽きたらスープで口中を洗う。そしてまた、麺に向かうというシフトを可能にするからです。

 また、具ももう少し工夫の余地があると思いましたね。カイワレ大根など、さっぱり野菜を増やし、油との調和を目指すとかね。

 面白い料理ではあると思いますが、そう何回も食べたくなるメニューではないような気がしました。「油」っ気が抜けてしまったのでしょうかね?

 と、いうことで☆☆☆。あとひと手間で化ける可能性もあるのかもしれません。

 

« スクリーン2008⑭ | トップページ | スクリーン2008⑮ »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大昼食問題2008○51:

« スクリーン2008⑭ | トップページ | スクリーン2008⑮ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31