最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« たくろうとは何か③ | トップページ | 大昼食問題2008○45 »

大昼食問題2008○44

強烈なインパクト。すごいもんだ。

 強烈な印象を残すスープカレーを食べた。札幌市中央区南2西9「村上カレー店 プルプル」のナット挽肉ベジタブルだ。950円だが、ランチタイムは750円なり。1995年開店という。レゲエが流れ、店員はラスタ帽をかぶっている。雰囲気は十分だ。

 ひき割り納豆、オクラ、ナメタケなど、まさしくねばねば食材がびっしり。だからスープは液状を超えて、ルーのようになっている。

 スープカレーではあるが、スープカレーではないような強烈なメニューである。とりわけて、抜群においしいというわけではないんだ。しかし、スプーンがとまらないのだ。気がつくと、食べ終わっていた。夢遊病のように、食べていたのだ。

 辛さは20番をチョイスしたが、もう少し辛いほうがよかったようだ。しかし、食べ終わったら汗がどっと出てきたから、スパイシーではあるのだが。Purupuru Purupuru2 まあ、会社からかなり歩くけども、その価値はあるね。

 と、いうわけで☆☆☆☆。変り種ではあるが、新鮮な体験が味わえると思う。

« たくろうとは何か③ | トップページ | 大昼食問題2008○45 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大昼食問題2008○44:

« たくろうとは何か③ | トップページ | 大昼食問題2008○45 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31