最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008⑫ | トップページ | DVD観賞録50 »

春だというのに

雪だ、また雪だ。

 北国に住むということは、なかなか、たいへんなことだということが、年齢を経て、ようやくわかってきたような気がする。

 きょうから3月なのに、外は雪が降っている。これまでさんざん、降ったのに、まだ降っている。庭は雪でいっぱいだ。

 吹雪にも負けず、ヒヨドリがリンゴをつまんでいる。野鳥たちはたくましい。

Hiyo 思えば、2年前の3月、旭川から札幌に転勤となった。真冬の引越しは本当に大変だった。加えて体調も最悪だった。まあ、あのころに比べれば、いまは状況は好転しているのかもしれない。いたずらに、老けることなく、できることを、やっていくしかないのだ。

<ああ、あのころの僕はとても老いていて、今の僕はあのときよりずっと若い>ボブ・ディラン「マイ・バック・ペイジズ」

« 書評2008⑫ | トップページ | DVD観賞録50 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春だというのに:

« 書評2008⑫ | トップページ | DVD観賞録50 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30