最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大昼食問題2008○37 | トップページ | 書評2008⑬ »

夜の果ての味

こういう時を過ごすために

 友人のエコノミスト、まっちゃん夫婦と夕食を外で取る。札幌市中央区南5西25、コート南円山1階の「レストラン パスツール」だ。毎日の通勤のバスの通り道にある店で、一度行ってみたいとかみさんともども、思っていた店だ。

Pict0005 Pict0006 Pict0009 Pict0014 コースもあるのだが、アラカルトに。シーザースサラダ、生ハム、牛ほほ肉のワイン煮、タラバガニのパスタなどなどをオーダーしました。

 結論として、美味でしたね。

 生ハムは自家製です。店には何本も豚の太ももが下がっています。ワインのリストも充実し、自家製パンもおいしい! チーズも自家製だとか。シェフのこだわりが伝わる店でございました。

 特筆すべきはこの店の値段のリーズナブルなことです。

 こういう店で家族ぐるみで、静かに食事をすることこそ、学生時代から私が目指してきたことなのかもしれないな。

 その後、まっちゃん夫妻を歩いて10分の我が家にご招待。ワインを空け、語る。私はこういうことが好きなんだよ。

« 大昼食問題2008○37 | トップページ | 書評2008⑬ »

酒と美食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の果ての味:

« 大昼食問題2008○37 | トップページ | 書評2008⑬ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31