最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大昼食問題2008○36 | トップページ | 夜の果ての味 »

大昼食問題2008○37

オーヴァーパフォーマンスだぜ!

 おいしい洋食を求めて、街をふらついていた。「あ、そうだ」と閃いて、市電電停西4丁目前にある「大かまど 芝」に入った。札幌市中央区南1西4かな。「フルーツケーキ・ファクトリー」ビルの3階だ。

 13時過ぎに入ったのに満席状態だ。女性客が圧倒的に多い。私のような男の1人客などいない。待つこと数分で、テーブルへ。「チーズハンバーグセット」(1350円)をオーダーする。

 最初に出てくるのはサラダ。スタッフが目の前でドレッシングとサラダを混ぜ合わせカシューナッツのフレークを振りかけてくれる。

 でもメーンのハンバーグが出てくるまでが長い。20分以上待たされる。出てくると、これもまたスタッフがナイフでふたつに割り、ソースをかけてくれる。ジュージューという音が店内に響く。

 食後にはソフトドリンクとデザートが出る。チョイスできるのだが、私が頼んだのはライスババロアだ。

Sarada_2

Hannbagu

          でもこの店、パフォーマンスのやりすぎだと思う。何もそこまでしてくれなくてもいいよ。ドレッシングもソースも、自分でかけるよ、って言いたくなるね。

 問題は味だろ?釜で炊いているご飯はいいと思うのだが、問題はメーンのハンバーグだよ。これだけのパフォーマンスをしているのにオーダー段階で焼き方を聞かないのはなぜなんだ?Babaroa 重要なことだと思うのだが。

 肉も何だか、コクがないぞ。下ごしらえの問題か、ソースか、それとも肉質そのものか。「牛亭」とは比較にならない味の薄さを感じてしまった。

 まあ、色々つくから、友人・知人とゆっくりランチを楽しみたい向きにはよろしいだろう。サラダからデザートまでのコースで40分以上は確実にかかるからね。でもまあ、ランチなんだからそんなにゆっくりしていられる人も多くないだろうしね。

 繰り返しになるが、パフォーマンスのやりすぎなんだよ。パフォーマンスより、もっとハンバーグの味を調えたり、もっとメーンを早めに出すなどの努力をしたほうがよろしいだろう。

 と、いうことで☆☆☆。このお店、ファンも多いようですね。焼き方の問題はどうなっているのでしょうか。

« 大昼食問題2008○36 | トップページ | 夜の果ての味 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大昼食問題2008○37:

« 大昼食問題2008○36 | トップページ | 夜の果ての味 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31