最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクリーン2008① | トップページ | 大昼食問題2008⑱ »

大昼食問題2008⑰

こういうこともあるか、のう。

月曜だから、スープカレーの店に行く。札幌市中央区南3西1「イエロー」だ。スガイビルの真裏に当たる。

 店名の通り、ドアは黄色い。細長い、まさにウナギの寝床のようなつくりだ。なぜか、DJマシンもある。流れているのもヒップホップだ。店員の服装もいわゆる「だらしな系」。スープカレーとヒップホップっていったい・・・。

 Photo_2

 「チキンカレー」に温泉卵をトッピングしてもらった。通常なら900円だが、ランチタイムは100円引きになる。辛さは注意深く5段階中の3にしてみた。

 むむむ。コクというものが皆無だぞ。何だこれは。一見すると、ココナッツミルクのようなまろやかなイメージのスープなのだが、スパイシーさにも決定的に欠けているのだ。

 具はまあ、よしとしよう。チキンは少々、堅めだが許容範囲だ。ごろごろジャガイモやニンジン、ナスモボリュームがあってよろしい。ライスも五穀米だ。これもいいだろう。

 しかし、肝心のスープがこれではダメじゃん! 怒り沸々である。コクがないから、食べていて飽きてくるのだ。辛いのを頼めば良かったのか? そういう問題ではあるまいな。根本的な問題なのであろうなあ。

と、いうことで☆☆★。期待外れです、大いに。

« スクリーン2008① | トップページ | 大昼食問題2008⑱ »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大昼食問題2008⑰:

« スクリーン2008① | トップページ | 大昼食問題2008⑱ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31