最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大昼食問題2008○30 | トップページ | 春だというのに »

書評2008⑫

つまんね。

 山田宗樹の新刊「ジバク」。期待して読んだが、まったくダメ。つまらない小説だよ。「金返せ!」系だ。

ジバク Book ジバク

著者:山田 宗樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この人の前作、「嫌われ松子の一生」は、映画にもなったが、ジェットコースター的に不幸になっていく女の一生を描いて、エンタティンメントとしてなかなかの出来だと思った。

 本作は「松子の男性版」というのが売り。しかし、出来は無様な自己模倣に過ぎない。

« 大昼食問題2008○30 | トップページ | 春だというのに »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評2008⑫:

« 大昼食問題2008○30 | トップページ | 春だというのに »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30