最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評2008⑪ | トップページ | 同志を送る »

大昼食問題2008○24

こんなに食えねえって。

 14時過ぎ、ちょっと遅めの昼食のイメージ。何を食べようかな~と、ふらふら、札幌市中央区北2西3、敷島ビルの地下を歩いていると、おいしそうなカレーの香りに誘われてしまったのです。カレーショップ「印度」です。

 自販機で食券を買い求めるシステム。カロリー的には反則に近いのですが、700円のカツカレーを頼んでしまいました。

Katukare  出てきましたよ。どん、って感じですね。ライスもルーもたっぷり。トンカツもわらじ並み。こんなに、食えねえよ! というのが正直な印象です。

 味は・・・。う~む、まあ家庭的というのか、ありきたりというのか。このところ、スープカレーばかりで、このようなアンシャン・レジーム的なカレーは久しぶりなのですが、個性がないといえば個性がない。しかし、このようなカレーに、日本人は親しんできたのだなあと、変な感慨も覚えてしまう一面もまた、ある。

 たまにはいいか。でも、もう少し、スパイシーでも良いような気がします。まあ、量で勝負の店ですね。若者向けなのかな。

 と、いうことで☆☆★。量が辛いこともあるわけですよ。この年齢になるとね。

« 書評2008⑪ | トップページ | 同志を送る »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大昼食問題2008○24:

« 書評2008⑪ | トップページ | 同志を送る »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31