最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大昼食問題2008⑤ | トップページ | フリー・アズ・ア・バード⑧ »

書評2008④

地味な装丁、凄い中身

 「戦前の少年犯罪」。政府発行の白書のような無機質なタイトルだけども、とんでもない。凄い本だ。戦後回帰主義者に読ませなければならない本だ。人間の質なんて、なかなか、変わらないんだよ、のう。

戦前の少年犯罪 Book 戦前の少年犯罪

著者:管賀 江留郎
販売元:築地書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 大昼食問題2008⑤ | トップページ | フリー・アズ・ア・バード⑧ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評2008④:

« 大昼食問題2008⑤ | トップページ | フリー・アズ・ア・バード⑧ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31