最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フリー・アズ・ア・バード⑦ | トップページ | DVD観賞録42 »

さまざまなメディア

変わる環境

 先日、ヨドバシカメラで、アイポッドスピーカーと、アナログレコードプレーヤーを購入した。

Photo_2 Photo_3 スピーカーは、アイポッドを差し込むと充電できるタイプ。その間、記憶している音楽を流すことができる。全長30センチにも満たない大きさながら、かなりのボリュームが出る。軽く、BGM的に楽しみたいときには最適だ。

 プレーヤーはデノン製。まだウチにはLPレコードが100枚近くある。しかし、昨年の引越しの際に先代のプレーヤーを壊してしまって、レコードを楽しむことができずにいたのだ。

 しかし、だ。このプレーヤー、繊細すぎて困っている。レコードの微細な傷まで堪能してしまって、すぐに音飛びを起こしてしまうのだ。私自身、粗忽な正確だから、それほどていねいにはレコードを取り扱ってこなかった。小さなものも含めれば、それは傷はあるよ。すぐに飛んでしまうので、安心してレコードを聴けないのだ。

 プレーヤが斜めになっているからいけないのかと思い、斜度を修正するなどしたのだが、ダメ。依然として音が飛ぶ。

 困った。レコードファンのどなたか、対応策を教えてください!

 音楽を聴く環境はさまざまに変わってきたけど、意外と根本のところでは変わっていないというか、進歩していないのかもしれないな。

« フリー・アズ・ア・バード⑦ | トップページ | DVD観賞録42 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おおむかしのオーディオファンです。
それはカートリッジの針圧が低いタイプだからではないでしょうか。
MMタイプの針圧の強いタイプに変えると違うかもしれません。
でも、いまどきMMタイプとかカートリッジがあるかどうかは分かりません。

そうなんですよ。
カートリッジの上に、一円玉などを置くと、音とびが起きないのです。しかし、なんだか、くぐもった音になってしまうのです・・・。困った。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さまざまなメディア:

« フリー・アズ・ア・バード⑦ | トップページ | DVD観賞録42 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30