最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 我が家のメーンイベント | トップページ | 本を読む128 »

DVD観賞録47

藤純子のオーラ

 マイ・ブームの東映映画。きょうは「純子引退記念映画 関東緋桜一家」を見た。タイトルどおり、藤純子はこの作品をもって引退する。

 

関東緋桜一家(DVD) ◆22%OFF! 関東緋桜一家(DVD) ◆22%OFF!
販売元:ぐるぐる王国 DVD館 ヤフー店
ぐるぐる王国 DVD館 ヤフー店で詳細を確認する

 さすが、<純子引退記念>である。オールスターが出演する。鶴田浩二、高倉健、若山富三郎、菅原文太、藤山寛美などなど。しかし、話はたいしたことない。様式というか定型というか、着流しヤクザ映画の範疇にぴたりとはまってしまっている。

 60年代後半の藤純子は半ば神話化していて、その真相を知ることは今となってはかなり難しいと思う。ただ、この女優はある種のオーラは確実に持っている。美しい。白痴美とでもたとえるべき美しさがあるのだ。

 そのオーラだけで見せる映画だ。ただ、鶴田や高倉の存在感は凄い。特に鶴田浩二。こんなに凄い役者だったんだなあ~。

 文太の存在感はそれほどでもない。しかし、「仁義なき戦い」が発表されるのはこの作品の1年後だ。時代は、すぐに変わってしまう。1年でも長すぎるのかもしれない。私たちはいま、鳥瞰図的にその変遷を知ることができる。ある意味、幸福だ。そしてかなりの部分、不幸である。

« 我が家のメーンイベント | トップページ | 本を読む128 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD観賞録47:

« 我が家のメーンイベント | トップページ | 本を読む128 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31