最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 隠れ家としてのすし屋 | トップページ | 本を読む117 »

本を読む116

ずしりと重い力作

 佐々木譲の長編小説「警官の血 上・下」を通読。やれば出来るじゃないか、佐々木譲!! 最近のへタレものには呆れるばかりだったが、これはいい。この作家の最高傑作として評価されることになるだろう。

警官の血 上巻 (1) Book 警官の血 上巻 (1)

著者:佐々木 譲
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 隠れ家としてのすし屋 | トップページ | 本を読む117 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む116:

« 隠れ家としてのすし屋 | トップページ | 本を読む117 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31