最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む115 | トップページ | ジャズ、イズ24 »

先輩記者の死

早すぎる別れを惜しむ

 先輩記者Yさんの通夜へ。12日、56歳で亡くなった。

 社会部にいたころ、デスクとして世話になった。非常にクレーバーな人で、「原稿ってこうやって直せばまったく違うものになるんだな~」と感心した覚えがある。

 人柄も申し分なく、決して言葉を荒げることのない温和な性格。自らを飾ることがない、実直さがにじみ出る人だった。

 良い記者であることと、良き人間であることはなかなか両立しない。しかし、Yさんは数少ない「素晴らしい人間であり、立派な記者」であったことは間違いない。

 Yさんの悪口を言う人には、出会ったことがない。

 2006年4月8日、昼食後に倒れ、病院に搬送された。脳腫瘍だった。それから1年半。入退院を繰り返し、懸命のリハビリを行っていたという。

 人格識見ともに素晴らしい記者の死。ひときわ、悲しい別れだ。

« 本を読む115 | トップページ | ジャズ、イズ24 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先輩記者の死:

« 本を読む115 | トップページ | ジャズ、イズ24 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31