最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 弦を張り替える | トップページ | DVD観賞録26 »

DVD観賞録25

キムタク、頑張った。けれども

 

武士の一分 DVD 武士の一分

販売元:松竹
発売日:2007/06/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「武士の一分」を観る。キムタク、頑張ったと思う。悪い映画では、ない。 

しかし、だ。木村拓哉の持つたたずまいは、どうしても時代劇向きではない。山田洋二監督もそこのところに、かなり、苦労したのではないだろうか? キムタクからはどうしても、現代の風が立ち上がってしまうのだ。「武士の一分」という、現在の視座からすると完全なアナクロニズムを死守する者としてのキムタクに、どうしても違和感を禁じえないのだ。

 この山田洋二の藤沢周平3部作の前2作(「たそがれ」「秘剣」)は、ともに映画館に足を運んで観た。しかし、この作品は、なぜか映画館に行く気になれなかった。それはキムタクが主役であることと無関係ではなかったと思う。

 脇役は、良い。壇れいは好演、笹野高史は怪演だ。

« 弦を張り替える | トップページ | DVD観賞録26 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD観賞録25:

« 弦を張り替える | トップページ | DVD観賞録26 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31