最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フリー・アズ・ア・バード⑤ | トップページ | 本を読む82 »

本を読む81

マイクル・コナリーにはまる⑧

 一気に読み抜きたいボッシュ・シリーズなのですが、このあたりでコナリーのノン・シリーズに入ってみようと思いました。ノン・シリーズその1は「ザ・ポエット 上下」です。国内刊行は1997年。

ザ・ポエット〈上〉 Book ザ・ポエット〈上〉

著者:マイクル コナリー
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 <あらすじ>デンバーの新聞記者ジャック・マカヴォイの元に、双子の兄が自殺したとの知らせが入る。兄ショーンはデンバー市警殺人課刑事。難事件の捜査に忙殺されていた。兄の死に疑問を抱いたジャックは全米で同様の「殺人課刑事の変死」が頻発していることを知る。FBIが絡み、複雑化する事件。謎の犯人は現場に必ず、エドガー・アラン・ポーの詩の一節を書き残すことから「ザ・ポエット=詩人」と呼ばれる。全米を横断する殺人鬼と捜査当局の知恵比べが始まる。FBIに内通者がいるのか? 犯人の本当の狙いは何なのか? 犯人VS当局のぎりぎりの攻防が続く。

 ・・・いやあ、読ませますわ。ノン・シリーズも。騙される快感を味わうことができますよ。コナリーの小説はどれも、ラスト近くのツイスト&ツイストが凄いのですが、この作品も驚愕の結末です。後味は少々、悪いかもしれませんがね。傑作です。

☆87点⇔うん。驚きたい人にお勧めだよ

« フリー・アズ・ア・バード⑤ | トップページ | 本を読む82 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む81:

« フリー・アズ・ア・バード⑤ | トップページ | 本を読む82 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31