最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ガーデンパーティー② | トップページ | 叫べよ、もっと。残酷な詩を歌え、友よ »

DVD観賞録⑬

なんというか・・・。

 宇宙人っているのかな? なんて気持ちはぶっ飛ぶね。「宇宙戦争」。スピルバーグ監督と、トム・クルーズが頑張ってんだから、面白い映画だと思うじゃん!

宇宙戦争 DVD 宇宙戦争

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/07/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 壮大な無駄。とんでもない映画だね。ここまで、無駄をできるのだからハリウッドは凄いと思うよ。

 トム・クルーズの人物設定がまるで意味がない。ブルーカラーで、嫁と息子・娘をインテリに盗られたらしいが、そんなことはどうでもいいんじゃないのか? ヘンにそのへんの設定をするから、物語がおかしくなっている。

 宇宙人の強さが圧倒的でさ、自虐的になっちゃうぜ、地球人としてな。トライポッドなる兵器に乗って暴れまわる宇宙人。パニックになって自滅していく地球。最強の米軍だって、負けっぱなしだ。でも、「大阪では2台やっつけたらしいぞ」という台詞が最高だな。

 トム・クルーズの娘役のダコタ・ファニング。美少女過ぎて、危なくて、最後にはティム・ロビンスに狙われてるぜ。それじゃ、違う類の映画だろ! 

 金かければ、どんな映像でも作るハリウッド・システム。でも、もう少し、脚本に金をかけたほうが良かったみたいだね。

※というわけで☆☆2/1。ある意味、ひどい映画だけど、映像的には楽しめるよな。

« ガーデンパーティー② | トップページ | 叫べよ、もっと。残酷な詩を歌え、友よ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD観賞録⑬:

« ガーデンパーティー② | トップページ | 叫べよ、もっと。残酷な詩を歌え、友よ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31