最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食問題58 | トップページ | 風邪引きくん »

本を読む62

さわやかな風が吹く

 あちこちで絶賛されていますが、いいですね、この小説。なかなか感動させてくれます。

風が強く吹いている Book 風が強く吹いている

著者:三浦 しをん
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 しかし、いくら素晴らしい素質を持った選手がいたとしても、それまでまったく無名で弱小の大学陸上部がたった1年で、箱根駅伝に出場できるほどに強くなれるものか、文句は出るでしょう。でも、小説の世界は何でもありなんです。だからいいんです。絵物語だからいいんです。

 三浦しをんの筆致も極めてまじめで、この駅伝の世界に書きながらはまっていくさまが読み取れて面白い。こういう成長の仕方をする作家もいるのだなあと妙な関心をしてしまいました。

キャラクター作りが少々、定型的で弱い感じもしましたが、長距離の世界をよく取材して、まとめあげているのではないでしょうか。汗臭いファンタジーですね、キャッチコピーは。

☆81点⇔こういうまじめさは現代の小説に必要な要素だと思いますよ

ホエ~。

« 昼食問題58 | トップページ | 風邪引きくん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む62:

« 昼食問題58 | トップページ | 風邪引きくん »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31