最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ローランドの悲しい目の乙女① | トップページ | フグ論争勃発! »

昼食問題61

何ともシンプルなカレー

 何だかカレーが食べたい気分になって、札幌市中央区南4西4、ロビンソン地下飲食店街の「ミルチ」に行く。カウンターだけのシンプルな店構えだ。

 1982年から、南5条西20丁目で営業する「本店」の支店だとか。

Photo_79  ボーンカレーをオーダー。500円なり。これをベースにいろいろとトッピングする仕組み。今回はゆで卵100円を頼んだ。辛さは普通の「3」。
 ボーンとは鶏の骨のことらしい。鶏がらをしっかり煮込み、ていねいに骨を取り去ったというスープを使っているという。

 感想。何ともベーシック&シンプルなカレーだ。一見、スープカレー風であるが、食べると、まったく異なっている。スープタイプでも、ルータイプでもない。「スープカレー」なんてなかったころからやっている本格的インドカレー屋の意地とでも言うのかなあ。ちなみに、水は一滴も使っていないそうだ。

 ベーシックすぎて、多少の物足りなさは覚えないでもなかった。ケチらずに、もう少し具をトッピングすればよかったと反省したし、もう少し、スパイシーでもいいのでは、とも思った。だが、これはこれで、完成した味であるとも思った。付け入る隙がない味とでも言うかな。美味すぎず、不味すぎない、中庸の味。これがなかなか、難しいのだ。

 だが量は少なかった。トッピングが少なかったことが原因だが、何となく腹にたまった感じがしなかったので、帰り道、コンビニで菓子を買ってしまったよ。それじゃ、ダメじゃん!

☆①味17点②オリジナリティー17点③接客16点④コストパフォーマンス14点⑤全体の雰囲気15点⇔79点。ここもいろいろなメニューを試してみたいところだ

« ローランドの悲しい目の乙女① | トップページ | フグ論争勃発! »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼食問題61:

« ローランドの悲しい目の乙女① | トップページ | フグ論争勃発! »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31