最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 外食日記① | トップページ | 昼食問題63 »

ジャズ、イズ⑲

こんなにも悲しいもの

 真夜中に「ケルコン」を聞いていると、悲しくてやってられない気分になってくる。酒を飲んでいるとなおさらだ。 こんなにも悲しくも、美しい音楽が人を狂わせる。キースのピアノは悲しみに驀進する。

ザ・ケルン・コンサート(でかジャケ) ザ・ケルン・コンサート(でかジャケ)

アーティスト:キース・ジャレット
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2005/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 このアルバムを初めて聞いたころも僕は悲しんでいた。まだ19歳、すべては輝く時代だったはずなのに。このキースのピアノの響きとともに、僕は沈んでいった。ランボーではないが「気難しさが原因で/僕は一生ふいにした」のだ。

 忘れようとしても忘れらない1枚。僕の人生が変わってしまったころに出会った1枚。

« 外食日記① | トップページ | 昼食問題63 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ケルン・コンサートは、私も大好きな1枚です。でも悲しい感じは受けませんでした。
なにかキースが天啓を受けながら、奔放にピアノからメロディを叩き出す。
そんなイメージで、私にとってはα波が出まくる一枚なのですが・・・。

私もジータさんと同じような感想ですね。でも親方の言うのも解るよ。その時代の自分にオーバーラップする曲というのは誰でも持ってるからね。それはそれで良いんじゃないかい?そういう時代があったから、今の自分があり、今の幸せがあるな~んてね。

深夜にモルトウィスキイをやりながら聞いていたら、ついつい、過去へのセンチメンタル・ジャーニーをしてしまったのです。思い入れたっぷりの、気障な文章だね。反省。

そう、僕も19歳のころ聴きました。その後、何度か聴いたが、ジータ氏のように、自由奔放さ、天真爛漫さが良かったです。音の空間、間合いが新鮮でしたね。ソロ・コンサート、サンベア・コンサートなど友人から借りたレコードをダビングして聴いたものでした。妙な興奮、覚えましたね。そして、20歳の声を聞こうとしていた時に、エバンスの訃報に接しました。

がじんさん、東京はどう?
赤坂ブルー・ノート、行きたいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ、イズ⑲:

« 外食日記① | トップページ | 昼食問題63 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31