最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年も終わり | トップページ | あけまして、おめでとう »

ジャズ、イズ⑮

クールなもんだね

 今年初頭を飾るのはジム・ホールの「アランフェス協奏曲」。大晦日を過ぎ、新年の零時30分を過ぎ、聞いてるぜ。切ないまでも切ないメロディーが胸を締め付けてくる。明らかに、正月用の音楽じゃない。荒涼とした、アランフェスの廃墟となった宮殿のイメージが立ち上がる。
 チェット・ベイカーがペット吹き、ロン・カーターがベースを弾いている。チェッ・ベイカー、なぜ、登場したのか不思議だ。1曲目の「ユー・ビー・ソー・ナイス・トゥー・カム・ホーム・トゥー」でも切ないペットが効いている。

 いろいろな人を、いろいろなところで出会わせる音楽がジャズなのだろうな。

アランフェス協奏曲

« 今年も終わり | トップページ | あけまして、おめでとう »

音楽」カテゴリの記事

コメント

アランフェスはジムホールの中のマイフェバリット。泣かせますよね。ジャケットも最高。全てにおいて完成されていますね。大人のジャズって感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ、イズ⑮:

« 今年も終わり | トップページ | あけまして、おめでとう »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30