最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 友よ、さらば。また会う日まで | トップページ | 昼食問題53 »

昼食問題52

飽きてくるな、ちょっと

 札幌市中央区大通西5昭和ビル地下の「鳥太郎」に入る。ショーケースなどには「究極の卵丼」などの威勢の良いキャッチコピーとともにサンプルが並ぶ。名前どおり、鳥料理の専門店で、夜は居酒屋。各地に支店があるようだ。

Photo_58 「鳥カツ丼」を頼んだ。みそ汁、おしんこ付きで600円とは、安いといってよいだろう。丼は、まさしく、鳥カツを卵でとじているのだが、う~ん、ちょっと私には甘すぎる味付けかなあ。卵のトロリ具合は、食べはじめこそ「おっ、なかなか」と思わせるのだが、やがて、飽きてくる。丼もの特有の単調な味のトーンが続いてしまうのだ。

 巧みな料理人なら、同じ丼の中でさまざまなトーンを奏でさせる。白米そのもののうまさ、タレと白米が絡んだうまさ、カツそのもののジューシーさなどなど、だ。しかし、この丼は極めて単調だった。シャキッとしたミツバでもあしらえてあれば、舌直しにもいいのだがね。

 まあ、コストパフォーマンスはいいから、また行くことになるだろうな。今度は「究極の卵丼」を頼んでみよう。

☆①15点②15点③15点④17点⑤15点⇔77点。もうひとつの工夫があれば化けるような気もする

« 友よ、さらば。また会う日まで | トップページ | 昼食問題53 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼食問題52:

« 友よ、さらば。また会う日まで | トップページ | 昼食問題53 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31