最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« べらんめえ! ③ | トップページ | 昼食問題48 »

またひとつ、隠れ家的な店

落語帰りに、いいですね

 19日の教育文化会館での立川談春独演会の帰りに、札幌市中央区南1西23の居酒屋に行った。「円か(まどか)」という店だ。ビルの地下、ちょっと目立たないたたずまいだ。

 21時過ぎだったので、重いものはやめようと思い、「もつ煮込み」「刺身盛り合わせ」「自家製チャーシュー」をつまむことにした。何しろ、いま、聞いてきた噺が「芝浜」だからね。日本酒を飲りたくなるというものだ。「船中八策」「出羽桜」などを、「夢になっちゃいけねえ」から、ちびり、ちびりと味わう。

Photo_45 Photo_46 どの料理も味はなかなか。店内は意外と広く、座敷では数人のグループが忘年会のさなか。客筋も若いカップル、おやぢ、若者たちと広い世代 であり、各世代に通じる品ぞろえだと思う。ぶらりと1人で入ってくる客も多く、まさしく(私はあまり好きな言い回しではなけど)隠れ家的なお店である。

 この店も「すし屋のおかみ」ブログから知った。本当に便利なブログなので、皆さんにもお勧めです。 名物はタラバガニの天ぷららしいが、ちょっとヘビーそうだったのでこの日は敬遠。もうひとつの名物は「大あさりの酒蒸し」。あさりを食べ終わると、雑炊を作ってくれるというのが売り物。おいしく、いただきました。
       Photo_47 店内には1970年代後半から80年代にかけての懐かしい曲が有線放送で流れていたのが印象的。「面影橋から」「なのにあなたは京都へ行くの」などなど。「あんたのバラード」がかかったときは、踊りたくなったね。

« べらんめえ! ③ | トップページ | 昼食問題48 »

酒と美食」カテゴリの記事

コメント

寂しそうにしているから書いてやろうかぃ。先ほど「すし屋のおかみ」に行ってきたけど、ありゃ、プロの仕業だね。とても素人技とは思えないね。写真も見事だし、第一マンガなんて、思いもつかないね。そういえば先日、「こふじ」で案会をしたんだけど、見事だったね、あえて鍋をやめ、その分単品を多くしてもらったところ、出てくるは、出てくるは。量は勿論だけど、物の鮮度、質が違った。大絶賛。お試しあれ。

「こふじ」といえば、もっくんによる三浦ブウ弾劾事件を思い出してしまうな。懐かしいな、春闘。
会長、29日に「八重聖会」の忘年会を新道東じゃないや、環状通東のドッグ行きつけの店でやるぜ。俺が悪かった! のか?

「こふじ」も「ブー」も懐かしいが、「会長」も懐かしいねぇ(笑)。
帰ってきてくれたんだね!
「八重聖会」は夜勤で欠席とのこと、残念でなりません。
新年会「こふじ」でやりますか!?

今週から週に3日の夜勤が5週間続きます。お天道様の下で働けないってやつです。暫定とはいえこのダイヤを作った自分に後悔。

だからダイヤ担当デスクは自分に甘くしなきゃダメだって。自分に甘く、他人に厳しいダイヤをつける醍醐味を満喫しないと、まだまだ、デスク道を楽しめないぜ!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またひとつ、隠れ家的な店:

« べらんめえ! ③ | トップページ | 昼食問題48 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31