最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« エリちゃん、我が家に来訪 | トップページ | 昼食問題42 »

ジャズ、イズ⑭

明るく切ないサックスを聞く

 ジャッキー・マクリーンの「4、5、AND6」(プレスティッジ)を聞く。1956年の録音。

4,5&6 Music 4,5&6

アーティスト:ジャッキー・マクリーン
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2005/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 メンバーはアルトサックスのマクリーンをリーダーに、トランペットがドナルド・バード、ピアノがマル・ウォルドロン、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムスがアート・テイラー。マクリーンが気持ちよさそうに吹きまくってます。

 1曲めの「センチメンタル・ジャーニー」が特に印象的。軽快ながらも、陰影のある演奏を聞かせてくれます。明るさの中に切なさを秘めたような。どこか青春の光と影を思わせるような。

« エリちゃん、我が家に来訪 | トップページ | 昼食問題42 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

犬畜生に服を着せるな。チャン付けでよぶな。「うちの子」というな。家の中に入れるな。鯨を食わせろ。「センチメンタル・ジャーニー」は伊代ちゃんの曲だ~。

いいんです。
私は徳川綱吉公を支持します。
服はね、装飾じゃないんだよ。室内に毛が浮遊しないためのものなんだよ。

暑いんだよ オレは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ、イズ⑭:

« エリちゃん、我が家に来訪 | トップページ | 昼食問題42 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31