最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む43 | トップページ | すし研究会② »

クラシッくん①

ラフマニノフはいかが?

 通俗性といったら、ラフマニノフほどそれを感じさせる人もいない。だが、ある意味、ロシア的通俗性といったらチャイコフスキーも同等であって、それが「わかりやすさ」と同義だったら、親しまれる一因であって、排されるべきものでもない。ショスタコビッチの交響曲にも通俗性を聞くことはできる。ロシア音楽の普遍性としての通俗性。

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 Music チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

アーティスト:リヒテル(スヴャトスラフ)
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2001/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 色っぽいゲーハー・ピアニスト、リヒテル。チャイコフスキーとラフマニノフのカップリングCDです。本当に通俗的です。そこがたまりません。わかりやすすぎるほどに、わかりやすい、感情の表出。それはテクニックゆえなのでしょうか。

« 本を読む43 | トップページ | すし研究会② »

音楽」カテゴリの記事

コメント

先日ビートたけしと爆笑問題が司会をしているTV番組で、石原東京都知事が、子供が自殺予告している件について「単なる愉快犯」「死んでみればいいんだよ」と発言していたが、どのメディアも取り上げていないんだよね。僕はちょうど見ていて本当に驚いたわけですが、皆さん知ってました?2チャンネルあたりでやっていないかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラシッくん①:

« 本を読む43 | トップページ | すし研究会② »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30