最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼飯問題25 | トップページ | 本を読む⑰ »

昼食問題26

バイキングは難しい

 いやあ、暑い札幌でした。きょうはN先輩と、札幌市中央区北2条西3「ホテル法華クラブ札幌」地下2階のレストラン「ロータス」にてバイキング昼食。1000円前払い。13時近くになって入ったら、スタッフの女性から「1時間限定ですがよろしいですか」と問われた。いやあ、こちとらラテン系じゃないから、昼食に2時間も3時間も費やしませんよ。

Dscn9442  なかなかの品揃えです。和洋取り揃えてます。私は和風をチョイスし、五目ちらし(とはいえ、海産物は皆無)をメーンにみそ汁や、里芋の煮っ転がし、フライ、ポークジンジャー、サラダ各種、ソーセージなどを盛る。

 味もそこそこ。平均点は出してます。あと、盛る量が調整できるので、自らのペースで食べることができます。腹がすごく空いている人はお代わりをするなどしてどかどか、食べればいいし、そうではない人は、そこそこに食べればよい。デザートやフルーツもあり、ドリンク系も充実。食後のコーヒーもあるので、コスト・パフォーマンス的には合格点ですね。

 でも、バイキングは難しいと思うのですよ。品性が問われてしまうこともあるのではないか、大げさに言えば。この日も、別のテーブルにオヤジ2人がいたのだが、ぼこぼこ、食べてたものな。明らかに、もう腹としては十分なのに。「デザートだ」といって、おはぎもたっぷり食べていた。本当に、おはぎが食べたいのか?

 あと、このホテルのバイキング、泊り客とおぼしき客層が目立った。昼食くらい、別の店なりで味わえばいいのにと、余計なことを感じてしまいました。

※①15点②14点③14点④17点⑤15点⇔75点。いいのですが、何か、昼飯には会わないような気がする

« 昼飯問題25 | トップページ | 本を読む⑰ »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

ビールから発泡酒へさらに第三のビール(雑酒)へと、食生活の階段を転がり落ちる人間にとってバイキングは至福の時間。一切の雑念を振り払い喰うことに専念する。味など問題ではない。ひたすら料金以上喰うことに徹する。以前しゃぶしゃぶ食い放題の店に行って爆食したら店長に「もういいでしょう」といわれ、最後には野菜しか出てこなくなったほどだ。その店も食い潰してやる。

>ズルしゃも会長
「食い放題」と「バイキング」はちょっと異なる気もするが。
わかりづらいペンネームはやめようね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼食問題26:

« 昼飯問題25 | トップページ | 本を読む⑰ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31